決めてるけど最後の一押し【コンパクトポール200cm】アライテント

タープポールサムネイル

さんざんタープポールを比較し

「多分、アライコンパクトポール200㎝に決定だ」

「できれば最後の一押しをしてもらいたいな……」

という方に話をして行きます。

とりちゃん

決まってるんでしょ?

そうだよ、これトドメの記事だから。

それでは、最初に。

結論

アライコンパクトポール200は価格・性能のバランスが絶妙なのです。

created by Rinker
¥6,710 (2024/06/15 22:54:15時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

価格は適正か?

まずは価格から

アライテント

コンパクトポール200cm

5,830円(税込み)

この価格適正かどうか? クチバシ的には適正だと判断。

その理由として、現在のキャンプブームに着目。

タープポールを含め、現在キャンプギアは10年前とは比較にならないほど多い。

このブームの中、価格を設定すると

性能云々とは別の要因で価格が決まる」ことがあるということ。

とりちゃん

確かに高すぎるやつある

アライテント コンパクトポール200cm」に関して言えば

とうの10年以上前から存在し、もともと登山者の為に作られ

今のブームとは違う空気感で生まれたはずなんですよね。

おまけに価格改定もなし、だから適正。

コンパクトポール200cmの個性は何?

軽さ270g、ジュラルミン製

ポール長200cm(収納時50cm)

コンパクトポール200の長さ

【※ポール長150㎝も存在するので購入時注意】

スペックをじっくり知りたい方は、アライテントの公式ページに詳細があるので。

ここでは実際に所有しているクチバシが、

「このポールなら」にフォーカスして行きます。

とりちゃん

イイね。

軽く、そこそこ強度があり、パーツが1本にまとまる。

ポール長200cmで設営したい、収納時の長さが60cm以内に収めたい

この条件を満たしてくれるポールはそれほど存在しない。

カーボン →価格高い、スチール →重くなる。この要因からは逃れられない

ツーリングバックにポールを収める時、重要なのが収納時の長さだ。

実は斜めに入れると意外と収まってくれるのだが、入れるのはポールだけでない

幕類や照明類、調理器具などスペースはいくらあっても足りないのがキャンプツーリング。

斜めだと無駄なスペースや入れ方になりやすく、まっすぐ収納したい。

ポールのパーツがバラバラでなく、スマートに一本かつ収納長が短いこと

コンパクトポール200cmはその条件をクリアしている。

これはスペースが有限なバッグに収納する際には、見過ごせないポイント。

まとめ

ポールを比較検討されている方、そもそも「アライテント コンパクトポール200cm」に

決めていて買おうかなと思っていた方

参考いや、最後の一押しになったでしょうか?

バイカーからの意見として積載時にポールの両端がゴムキャップになっており

バッグにやさしい点も気に入っています。

キャンプギアは結局、好みの問題に行きつきますが

「アライテント コンパクトポール200cm」は

とても玄人感が出るアイテムだと実感していますので、オススメできますよ!

とりちゃん

わかったよ。

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです

created by Rinker
¥6,710 (2024/06/15 22:54:15時点 楽天市場調べ-詳細)

コーヒーツーリングの道具なども記事にしてます、バイカーで共有できれば。

タープポールサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次